FC2ブログ
お墓参り
今日は、大叔母のお墓参りに行ってきました(*^^*)

ちょっと、変わり者だった大叔母は、親戚にとっては、わがままだったり偏屈だったりしたみたいだけど、可愛がってもらった私と弟にとっては、ただただ優しい『おばちゃん』でした。

うちの前の棟に住んでいたおばちゃんは、しょっちゅう窓から外を見ていて、私に気づくと、いつも手をふってくれた。

クリスマス、お年玉、誕生日・・いつもいたくさんプレゼントくれて、バレンタインにも、食べきれないくらいチョコレートくれて。
お刺身が好きなおばちゃんは、毎週、魚屋さんがくると、私たちの分の、お刺身もいっぱい買ってくれた。

お刺身を取りに行くと、煙草くさい家の玄関で、「なおちゃんのために、貯金してあるからね?」「おばちゃんが死んだら、この家はなおちゃんにあげるからね?」なんて、話を何回もしてくれた。

入院してからも、私の手をにぎり、「おばちゃんが死んだらあの家、なおちゃんにあげるからね?」ってニコニコと・・


私は、おばちゃんが好きでした・・。


私のためにしてるって言ってた貯金は存在しなかったけど(笑)、私は今、おばちゃんの住んでた家に住んでいます。


なかなか忙しくて今年はまだ、お墓参り行けてなかったけど、夫が、「おばちゃんのお墓参り、今年中に行かなくちゃ」って。

そんな話してたら、ねねが、「ねねのおこづかいで、お墓参りのお花買いたい。ねね、あんまり覚えてないけど、大きいおばちゃんの病院行ったの覚えてるから。」りゅうは、「まぐろとか、ウニとか、くれてたの覚えてる」って(/_;)


たくさんたくさんいろんなものくれたおばちゃんに、何も恩返しできなかったけど、私は、おばちゃんが好きでした。
そして、りゅうもねねも、夫も、おばちゃんに、ありがとうって思っています。


おばちゃん、ありがとう(*^。^*)
また、会いに行くね!





スポンサーサイト



【2015/12/06 21:05 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
母子
学校に行くのがつらい・・と、涙をながすネネ・・
お腹が気持ち悪いと、ぽろぽろと・・

私が学校に行けなくなったのが、四年生・・

ねねは、本当に、いろんな意味で、私にそっくり・・
ママもそうだったから、ママもつらかったから、あなたの涙が少しだけ分かります・・ 

代わってあげたいけど、ずっと守ってあげたいけど、ねねは、自分の足で自分の人生を歩いていかなきゃいけないから、見守ることしか、ママにはできないね。

でも、大丈夫。
悩んで苦しんでても、ねねの、優しさと強さは、ちゃんとねねの心にいるからね?

ちょっと、ゆっくりして、心も体も休めたら、また、ゆっくり歩きだそう。

どんなネネのことも、愛おしくてたまらないよ(*^。^*)
【2015/11/19 08:07 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
感謝
昨日は、私の42回目の誕生日・夫とつきあいだして15年目の記念日・夫の入籍して13年目の記念日でした(*^^*)

雨が降っていたのでお弁当いらないなーと安心して寝坊した私を、「おめでとー!」と起こしにきてくれる夫。
「ママ、おめでとー(*^_^*)今日は美味しいケーキでも食べようか(≧∀≦)」のネネ。
朝からあいかわらずなリュウに「今日は母ちゃん誕生日だから、お手伝いいっぱいしてね!」と言うと「へぃへぃ、仕方ねーなー」と、ちょっと難しいお年頃( ´艸`)

大好きな友達から続々と届く「おめでとう」のメッセージ。

42歳になったって、やっぱり誕生日は、スペシャルに幸せな日です(≧∀≦)


父と母から、また今年もプレゼントをいただきました。
「おめでとう。いつも、がんばってますね」の父の言葉に、また泣きそうになりました。

母になって知ったこと・・我が子の涙は自分の涙の数倍悲しいこと、我が子の悲しみは自分の悲しみの数倍つらいこと、我が子が歯をくいしばりがんばっている姿を見ている親は、その数倍歯をくいしばっていること・・

だから、もう、年とった両親に、心配かけたくなかったのに、この年になっても、泣き虫で
りない私は、心配かけてばかり。
黙って助けてくれる両親が、どんなにか私のことを心配してくれているか、想ってくれているか・・痛いほどわかります(/_;)

ありがとう。
私を産んでくれて。
私を育ててくれて。
私を愛してくれて。
42回の誕生日をいつも心から祝ってくれて。
リュウとネネを可愛がってくれて。
いつも心配してくれて。
いつも黙って助けてくれて。

色んなことがあるけれど、私は今、とても幸せだから。
どんなことがあっても乗り越えるから。
心配しないでね?
お父さんとお母さんが、たくさん愛してくれたから、私は今、愛する家族をつくることができました。

42回目の誕生日も、今まで生きてきた中で一番幸せな誕生日の記録を更新いたしました(*^^*)


お父さん・お母さん・夫・リュウ・ネネ・私と出会ってくれた私の大好きな友たち・・ありがとう。ありがとう。

これからも、みんなと一緒なら、がんばれそーです(≧∀≦)

【2015/06/13 00:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
5月病
9時半頃、郵便局まで歩いていると、幼稚園に行きたくなーい!と大泣きしているお子様と、
なだめたりおこったり、疲れた様子のママ・・(*^_^*)
もう何十分もやってるんだろうな・・(^_^.)お母さんも、しんどいよね?

でも時がたてば、この「大変な今」は、たまらなく愛おしい時間になるから・・と心の中で励ます私(笑)

りゅうが、いつまでも、おもらししてたこと。
ねねの、何してもだめだった、たそがれ泣き。
りゅうがやらかした、数々の迷惑・・
何回も何回もだっこしないと離れられなかったねねの登園。
友達となじめてないと心配だったこと。
他の子ができてるのに、うちの子だけできなかったこと。

そして、夫が独立してから、何度ものりこえたピンチ・・

今では、たまらなくたまらなく、愛おしい日々・・・・


そして、私たちが生きている「今」も、明るい未来には、「愛おしい日々」になっているんだ。


がんばれ!がんばれ!
みんな、がんばれ!
私、がんばれ!

愛おしく今日を思い出す、その日を思って、がんばれ!がんばれ!
【2015/05/20 10:03 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
巡り巡って・・
私、去年の秋くらいから本格的に自営業、「エクステリア元」を手伝いはじめました。
色々思うことがあり~のの、決心だったのですが、それはまたいつか・・

そんな中の1つで、おいしい野菜を自分で作れる畑作り、土作りの勉強をはじめました。

そこで、今日、ふっと、リュウとネネの卒園した幼稚園に、自分で生ゴミやぼかしを入れて土を作りたいんですけど、ちょっと土いただけますかぁ?なんて、ずぅずぅしくお邪魔してみました。

久しぶりに来た、平日昼間の幼稚園・・
歓迎してくれる先生に、ちっちゃい園児たち・・。

リュウとネネもこんなに小さかったんだっけなぁ・・ 

だけど、この園で、背中にやんちゃと書かれた赤いTシャツを着て、走り回るリュウと、クリクリくせ毛のぶちゃむくれ(笑)なのに男の子ひきつれて歩いているネネが、リアルに目にうかんできました(/_;)


あの頃は、今よりずっと手がかかり、今とは違う心配であふれ、それはそれは大変だったけれど・・あの頃、この場所で、リュウとネネに植えてもらったあったかい種は、今、確実に彼らの中で、伸び続けています。

リュウが、「僕ってさ、同じ年齢の子に比べたら精神年齢が高いかも。」なんて言い出して、へっ?どこが?と、かなりびびったのですが、「幼稚園のときに、先生といっぱい話したからね?けんかとかあったとき、色々考えられるんだ」と。
そういえば、学校でドッチボールやったときに、誰がズルしたしてないで喧嘩がおこり、イライラした友達が周りにあたりちらし、先生はすっごい怒って、せっかく楽しいドッチボールがすごくイヤな雰囲気になってしまった・・って話を教えてくれたとき、「僕はさ、そもそも最初に、線をちゃんと濃く書けばよかったと思うんだよね?」と言ったリュウに、こいつすげぇって・・あ、これ幼稚園だっ!て、思ったんだよね?(´▽`)
精神的に大人かどうかは別として、幼稚園のとき、何かあるたびに、うわべだけのごめんなさいじゃなくてお互いの気持ちをちゃんと聞いてくれて、まだ不器用な子どもたちの気持ちを伝える手伝いをしてくれたから・・だから、今、そんな発想にたどりつくリュウなのだと思います。



私が幼稚園の先生になりたい理由は、私が幼稚園のとき、やさしく声かけてもらって嬉しかったから・・そんな作文を書けるネネの今の優しさは、幼稚園のとき、たくさん優しさをもらえたから。

「・・ちゃんて変だよね?」と友達に、他の子の悪口を言われたとき「そうかなぁ?」って答えて離れるというネネは、幼稚園で先生たちに、信じてもらえたから、大切にしてもらえたから、自分を信じる強さをもててるのだと思います。


卒園するとき、不安でたまらなくて。
きっと、しょっちゅう遊びにきて、リュウやネネのことを先生たちに相談するんだろうと思っていたのだけれど、意外にも学校に行きだしたリュウもネネも、思ってたよりずっとしっかりしてて。
私は、幼稚園を頼ることもなく。
ちゃんと、心も「卒園」させてくれてたんだな、、と感謝していた私。
懐かしく、遊びに行くことはあっても、「頼る」ことはなくなって・・嬉しくもあり、寂しくもあり。


そんな幼稚園の園庭で、私が先日出席させていただいた、吉田先生に聞いたばかりの「菌ちゃん」を発見(゚Д゚)


いい土づくりのための菌ちゃん。
この幼稚園も姉妹園に、吉田先生が来てくださり、それをもとに土づくりに励んでいたんですって。

巡り巡って・・
このご縁。
母としての私じゃなくて、働く私が・・
また、ここに帰ってきちゃった( ´艸`)

畑にできてる芽キャベツと白菜までいただいて


もちろん土もいただいて。

わざわざ呼んでくださった園長先生や他の先生たちと、思い出話、近況報告、畑の話・・

やっぱり、ふるさとは癒されます。

巡り巡って・・・
今度はお手伝いかねて(笑)、また、お勉強しに伺います。
小さな奇跡に感謝です(*´∀`)
【2015/03/10 22:59 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| home | next